2017年12月2日(土)「第5回肉腫について学ぼう会」詳細のお知らせ

<第5回「肉腫について学ぼう会」>
たんぽぽ今年最後のイベントは「勉強会」です。
前回に引き続き、肉腫の「内科的治療」と、今回はじめて、肉腫の大切な治療の1つであります「放射線治療」についてを学びます。
今回お力添えくださる講師の先生は、
「肉腫の内科的治療について」仲野兼司先生(がん研有明病院 総合腫瘍科 副医長)
「肉腫に対する放射線治療」今井礼子先生(放射線医学総合研究所病院 骨軟部腫瘍科 科長)です。
肉腫の仲間の皆さんはもちろん、肉腫の治療についてご興味がある方でしたらどなたでも参加できます。
また、第3部では、たんぽぽメンバーの体験トークや、今井礼子先生、仲野兼司先生、そして、国立がん研究センター中央病院 骨軟部腫瘍科科長の川井章先生もご一緒に、皆さまからの質問にお答えする時間にしたいと思っております。
ぜひ、皆さま、ご一緒に肉腫について学びませんか?
========================================
■日時:2017年12月2日(土曜日)13:30~16:40(開場13時)
■場所:国立がん研究センター管理棟1階(第一会議室)(東京都中央区築地5-1-1)
※管理棟入口は、駐車場側からと、地下鉄大江戸線築地市場駅A3出口より左手にお進みいただいた場所2か所になります。

■参加費:無料
■定員:60名(お申込み先着順)


■内容:
第1部:「肉腫の内科的治療について」(質疑応答有)13:35~14:20
[講師] 仲野 兼司先生(がん研有明病院 化学療法部 総合腫瘍科 副医長)

”肉腫(サルコーマ)に対して、手術、放射線治療とともに、治療の柱となる化学療法=抗がん剤治療。
その内容について、どのような治療が現在、肉腫に対して行われているのか、具体的な薬の内容についてお話するとともに、その役割・位置づけについて整理し、患者さんがよりよく生きるための手段として、抗がん剤治療にを利用していただけるための助けになる情報を提供したいと思います。”


第2部:「肉腫に対する放射線治療」(質疑応答有)14:35~15:20
[講師] 今井 礼子先生(放射線医学総合研究所病院 骨軟部腫瘍科 科長)

”放射線治療に使われるのは主に X 線で、術前 / 術後照射や、手術困難な部位に対する照射など日本全国多数の施設で日常的に行われています。一方、粒子線治療は 2016 年 4 月から保険収載されました。
陽子線治療は 11 施設あり小児がんに、重粒子線治療は 5 施設あり小児から成人までの骨軟部肉腫に適用されることとなりました。当日はこれらの放射線治療についてお話しします。”


第3部:体験トーク/総合質問会 15:35~16:30

川井章先生/今井礼子先生/仲野兼司先生  
※先生方へのご質問がございましたら、お申込みの際に「備考」にお書きください。(個人的な治療に関するご質問にはお答えできない場合がございます。なにとぞご了承ください)※当日も質問票をお配りします。  


※「学ぼう会」終了後、別途会場にて懇親会を開催します。(会費:4~5000円 程度)
ご希望の方は、お申込みの際、備考欄に「懇親会参加」とお書き添えください。


■申込締切:11月29日(水)


■お問合せ先:info@tanpopokai.net(担当:押田)


■会場アクセス
都営地下鉄 大江戸線 築地市場駅A3番出口から徒歩3分
東京メトロ 日比谷線 築地駅2番出口から徒歩5分
東京メトロ 日比谷線・都営地下鉄 浅草線 東銀座駅6番出口から徒歩5分
東京メトロ 有楽町線 新富町駅4番出口から徒歩10分
<国立がん研究センター中央病院HP(交通案内)>
http://www.ncc.go.jp/jp/ncch/access.html


⇓※お申込みはこちらをクリック※